エンジニアコラム

akiyama_kazuo 秋山 一男

4 0

あがきは無駄でも糧になる

2017.02.06

あがきは無駄でも糧になる

失敗を学びに変えるは「後始末」にあり

設計でミスをしたとき、どうしますか?常識的な対応としては、まずは上司に報告。ここで「申し訳ありません」と頭を下げるだけで済めばいいのですが、現実には謝罪だけで終わりません。かならず対策などの「後始末」があります。上司や経験豊富な先輩がいて皆で議論できれば、最善の(関係者の納得を得やすい)方法が選択されることでしょう(まぁ、そうでない例も世にはありますが・・・)。

しかし、その場に自分ひとりしかいなかったら、どうしますか?ひとりではどうしようもない状況なら、観念して上司の判断を仰げる時まで待つのが得策でしょう。でも少しでも考える猶予(時間)と気力があるなら、少しあがいてみてもいいのではと。
ちなみにここでの「あがく」は、失敗を「誤魔化せ」、「逃げろ」という意味ではありません(笑)。ミスを認めた上での「後始末」を自分なりに考えてみるということです。

失敗を骨までしゃぶり尽くすには

失敗から学べと言います。失敗の原因を探り、同じ轍を踏まないようにする。その通りですが、私はさらに「後始末」まで考えることで、失敗を骨までしゃぶり尽くせるんじゃないかと思うのです。ミスの報告会議では、担当者はお沙汰を待つ「罪人」で、ひたすら萎縮するしかない、といった感じになりがちです。でもここでミスを謝罪しつつ、自分から対応策の提案ができるといいですよね。そのためには、失敗を単なる苦い経験だけに終わらせず、そのリカバリーの知恵を自分でも出すところまで踏み込む鍛錬が必要です。失敗が多いと、(上司や先輩の)後始末の知恵を知る機会は増えます。しかしそれは知識(ノウハウ)が増えても、知恵を産む着想が身につくことになりません。

今回のお話は、例によって新卒で入社してまだ2〜3年ごろの経験です。ちなみに、けして褒められた話ではないことを、あらかじめお断りしておきます。結果こそ出たものの、「徹夜までして、自分の失敗を力ずくで帳消しにした武勇伝?なんと昭和でブラックな話!?」と見ることもできます。確かに、事なきを得たのは運に恵まれたような気もしますし、いささか無茶な対応だったかとも思います。でも、「なんとかしなくちゃ」と、夢中で無い知恵を絞った若い自分に嘘はなかった、と信じていますし、仮にこの「あがき」が全て「徒労」に終わっていたとしても、その時の着想や経験は、いずれどこかで活きたのでは、と思っています。

では、時計を30年前に戻してみましょう。受注したOEMスイッチング電源、納品2日前のことです。
時間は午後の7時を少し過ぎたころでした。

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×