エンジニアコラム

大塚 大塚 賢一

2 0

ダメなエンジニアに足りないもの

2017.10.02

ダメなエンジニアに足りないもの

論理的思考能力に繋がる「分解のススメ」

論理的思考能力は「分解」で鍛えられる

あなたの周りで「本当にできる人」をちょっと思い浮かべてみてください。その人はこんな特徴をもっていないでしょうか。で、おそらくその人は、程度の差はあれ「分解癖」があるんじゃないかと思うのですが、どうでしょう?

(1)ものごとの仕組み、動作原理が常に気になって調べたりする。(いまその必要がなくても)原理がわからないままなのは許せないので妥協しないでちゃんと調べ、納得する。
(2)お客さんとの打ち合わせでお客さんが抱えている課題を痛いほど理解してしまう。(お客さんの要求事項の意味するところを「なぜだ?」で分析してしまう)
(3)とにかく電気以外にも多くの雑学を蓄積しているが、それらが忘れた頃に役立ったという経験が少なくない。

こうして見るとエンジニアにとって有難いことだらけなのですが、実は注意すべき点もあります。分解癖があるエンジニアはどうしても原理や原因の追究に時間を掛けてしまいます。気が付くとそれがメインの作業になっているのです。時間が十分にある仕事では良い仕事として評価されますが、往々にして不具合対応は時間勝負です。状況を読んで「なぜだ?」の追求と「これで対応しよう!」のバランスを取る注意が必要です。
とまぁ、エンジニア向け研修のテキストのような言い方をしてしまいましたが、私は正直なところ、「なぜだ?」が解決し納得するまで「これで対応しよう!」になかなか進めないタイプです。しかし、そうした方が結局最短で解決していることが多いので、良しとしていますが。

ここまでは、分解癖があるエンジニアの皆様には共感いただけたかと思いますが、いかがでしょうか?
一方、「分解癖なんてない」というノーマルなエンジニアの皆様(若手の方々?)、今後不具合を楽しく切り抜けていくために遅くはありません、とにかくご自身の興味のあるものについてその仕組みを調べて見てください。電気に関係なくても良いのです。いろいろなものに興味を持ち、そのしくみを想像し、時には思う存分、分解する経験を増やしてみてください。
この先、役に立つ日が必ず来ますよ。

さて、今週末は何を分解してみようかな!?

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×