エンジニアコラム

後藤 義則 後藤 義則

0 0

電源変動試験-後

2018.01.22

電源電圧変動試験はいつも無茶ぶり(後編)

車載電子機器の急な追加試験要求に対応する方法

車載電子機器での、(複数ライン)電源電圧変動試験の急な追加要求に対応する方法をご紹介するコラム。その後編です。よろしくお願いいたします。
前編では、バイポーラ電源PBZシリーズは入手しやすいが、課題はソフトウェアであると申し上げました。では、それをどうやって解決するか、その方法を以下にご紹介します。

設備

必要な機材等は(表1)の通りです。ここでの想定は複数ラインの電源を変動ですので、変動させるラインの数だけPBZシリーズが必要になります。(※1)

表1

(表1)に記載していますが、1ライン用のWavy for PBZとKI-VISAは、当社Webからダウンロードが可能です。ただしWavy for PBZは試用版ですので3週間しか使用できませんが、「今すぐ試験がしたい」という場合には十分な期間と思われます。
(今回の方法でしのぐ間に、Wavy for PBZ(今後の事を考えると5ch版の特注Wavy for PBZ)をご購入いただくことをお勧めします)

※1:+BまたはBATT等のラインに電源電圧変動が無い場合は、+BまたはBATTラインにPBZシリーズを用意する必要はありません。通常のスイッチング電源等を用意し、指定の電圧で出力しておき、他のラインを変動させることで対応できます。

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×