エンジニアコラム

akiyama_kazuo 秋山 一男

2 0

木を見て森を見ず

2018.09.18

木を見て森を見ず

VAは視座が大事

こんにちは。キクスイの時間旅行案内人、秋山です。

木を見て森を見ず【きをみてもりをみず】
事物の末梢的部分にこだわりすぎて、本質や全体をとらえられないことのたとえ。

大辞林 第三版より

コストダウン、つまり原価低減。今も昔もビジネス上の大きなテーマです。当社の属する製造業においては、こういったコストダウン活動を「VA」や「VE」などと言います。VAはValue Analysis(価値分析)、VEはValue Engineering(価値工学)の略語で、一般的には「VA=VE」で扱われていますが、厳密には意味が違うようです。また本来的には、VA/VEは顧客価値の最大化(コストバランス)が目的なので、手法として原価低減(マイナス)のみでなく付加価値向上(プラス)もある概念なのですが、わたしたちの会話の中で「VAして」は「つべこべ言わず安くせんかい!」という意味が優勢です(笑)。その辺の細かい話はぜひグーグル先生で調べてみてください。

さて今回のお話は、このVAにまつわる失敗談です。「VA=削減、廃止」という一元的な発想に偏ってしまい、やりすぎてしまったというお話です。
例によって時計を30年前に戻してみます。

世はVA/VE祭り

私が入社したころの日本の電機業界は「ジャパン・アズ・ナンバーワン!」と大変活況で(懐かしいなぁ)、さらにそれを強化すべく、原価低減活動つまりVA/VE活動が盛んにおこなわれていました。まさに祭り状態。コストダウンのためには手段を選ばないとばかりに、ユーザー様が調達先を巻き込んで、あれこれ意見するのは珍しいことではありませんでした。

私が当時担当していたOEM電源についても、コストダウンのご要求が来ました。集合場所はユーザー様の社内会議室。そしてユーザー様の要求事項に対し、OEM電源の回路図、機構図面を照らし合わせながらVA/VE会議が始まりました。

会議内容を一部紹介しましょう。

例えば、プラス12Vの電源について、電流容量を4Aから3Aに落とせれば、現状よりワンランク下の整流ダイオードと電解コンデンサが使用できるので○×円コストダウン。

同様に、各出力の電流容量をマージンギリギリまで小さくして、DC/DCコンバータの総出力を抑えれば、スイッチングトランスのコア材を一回り小さいものへ変更できる。これで○×円コストダウン。

機構面では、当初の構造を変更して、本体側(ユーザー様の装置)へ直接取り付けられるようにすれば放熱効果が期待できるので、OEM電源のヒートシンクの板厚を薄いものに変更できる。更に一体化を進めることで、OEM電源から冷却用FANをなくすことが可能になるはず。

・・・など、色々なご意見があり、そのほとんどを受け入れるような状態で対応することになりました。

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×