ソリューションノート

環境・新エネルギー

0 0

ホームエネルギーテストソリューション

2017.04.05

ホームエネルギーテストソリューション

V2H/EVシミュレータ

クルマを電力源として使う
Vehicle to Homeの実車を模擬
パワコンの短期開発をサポート

ソリューション開発部
ソリューション推進課
課長
渡邊 聡

トレンドに係わっていけるのは技術者として幸せ

EV普及はグローバルトレンド

EVの普及に併せてV2Hが注目されていますね。

<渡邊>EVの普及が加速しています。さらにここへ来てクルマを電力源として使うV2Hの導入も進んでいます。
ご承知の通りV2H、Vehicle to Homeは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)、燃料電池車(FCV)などが蓄電池に蓄えた電力を災害時等の家庭用電力として利用することであり、クルマが暮らしを豊かにする技術手段のひとつとされているわけです。
一方で、EVのV2H利用というのは我々電気機器の側から見ると大きな転換です。

<市川>元々のEVに対しては充電ステーションなどEV用の充電設備、具体的にはAC/DCコンバータを考えれば良かったわけですが、V2Hではパワーの向きが逆になりますから、AC/DCではなくクルマを電源とするDC/ACインバータにしないといけない。さらに家庭内の電力ラインともつながるとなると、太陽光発電や系統電力などとの交通整理が必要になります。これは機器で言えばパワーコンディショナですとか系統連系装置ですよね。
そうした要因からも電力エネルギー関連、具体的にはパワーコンディショナを手掛けているメーカさんはV2H/EVの普及に対して大きな関心と期待を寄せています。実際のところ、太陽光パネルや蓄電システム向けのパワーコンディショナメーカさんの多くがV2H/EV向けのパワコン/充電器の開発と市場参入に注力されておられます。

ソリューション開発部
ソリューション開発課
主任
市川 正紀

実際に沿ったシミュレーションができるように考慮しました。

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×