ソリューションノート

環境・新エネルギー

0 0

solution_12_大塚

2017.05.01

バッテリテストソリューション

電子負荷PLZ-5Wシリーズ インピーダンス測定機能

電子負荷のオプションとして、
インピーダンス計測機能を追加。
大型バッテリの生産やメインテナンスに寄与。

ソリューション開発部
ソリューション開発課
主任 シニアエキスパート
大塚 賢一

新型電子負荷の持つ潜在能力を引き出しました

ニーズの変遷

バッテリの能力向上が顕著です

<大塚>一口にバッテリの向上と言っても、その内容は様々です。評価は充放電テストにおける端子電圧測定などが基本になりますが、能力の評価という観点では、旧くは負荷をオンオフして端子電圧の差から内部抵抗を算出していました。理想電池と直列抵抗という単純な評価です。
その後、電池の容量や性能が上がると内部抵抗はどんどん小さくなって、直流抵抗での判別や測定自体も難しくなったこともあって、1kHz程度の交流に対するインピーダンスで評価することが一般化し、標準化もされています。
一方、新型電池の開発や研究では内部の電極や電解質などの要素解析手段として、全体を抵抗一本では無くコンデンサや抵抗などが組み合わさったものとしてとらえ、外部からそれぞれの値を知るためにインピーダンスの周波数特性を求める交流インピーダンス測定なども行われてきました。複素インピーダンス(ベクトル)の軌跡を直交座標上に描いたのがコールコールプロットです。

<加々見>近年ではその応用として、インピーダンス特性測定で得られた知見を基に、いくつか特定の周波数ポイントでのインピーダンスを測定して製品の良し悪しや、内部状態などを判定するといったことも試みられるようになってきました。
実際のところ、バッテリの出荷に際しての個々の製品検査や設備されたバッテリのメンテナンス、さらにバッテリリユース時の良品選別などの現場で、手軽にかつできるだけ短時間で答えが出せる方法は無いか、という声も聞かれます。

FKF生産部
特機課
加々見 隆太郎

単体で大型電池のモニタや選別ができます

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×