ソリューションノート

環境・新エネルギー

0 0

solution_12_大塚

2017.05.01

バッテリテストソリューション

電子負荷PLZ-5Wシリーズ インピーダンス測定機能

ニーズへの対応

バッテリテスタを使えば済むのではありませんか

<加々見>スマホに載るような小型の電池向けには、交流インピーダンス測定も可能なバッテリテスタもあります。ただ、電池が大型になると対応が難しくなってくる。インピーダンスがミリオームオーダとすごく小さくなって測定信号の検出が難しいといったこともありますが、試験条件もフル充電時や放電終了時といったスタティックかつ独立した状態ではなく、特定の負荷を接続し電流が流れ出している状態でのインピーダンスを知りたくなったりするんですね。特に燃料電池などは負荷に電流を供給することで機能するわけですから、負荷状態での測定は必須です。ところが、その場合はバッテリテスタだけでは対応できない。対応策として電子負荷と交流信号源、それにバッテリ電流と端子電圧を同期して測定できる複数のマルチメータ等を組み合わせてシステムを組むことになります。この方法は電子負荷の典型的アプリケーションのひとつではあるのですが、使用する機器の数も多いため、”手軽に”というわけにはいきません。

<大塚>システム化によるソリューションとは別に、私共では燃料電池用インピーダンス測定システム[KFM2150 SYSTEM]を提供しています。同システムは広範囲なパワーレンジに対応し10mHzから20kHzの範囲で詳細なインピーダンス測定とプロット、さらにI-V測定もできスタック用のスキャナなども用意されているので、電池の研究開発や生産技術などを担当なさっているお客様に重宝されています。
ただ、お話ししたように電池の世界では研究・開発目的とは別に電池の生産やメインテナンス現場でもインピーダンス測定のニーズがあるわけです。その場合、先の組み合わせシステムやKFM2150ではちょっとオーバースペックというか現場用としては敷居が高いきらいがあり、導入をためらっているといった声があることも確かです。ソリューションとしては完全とは言えなかったわけです。

KFM2150 SYSTEM

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×