ソリューションノート

環境・新エネルギー

0 0

solution_13_宮野

2017.06.05

バッテリテストソリューション

充放電テストシステム PFX2500シリーズ

独自のシステム構成により
テストニーズの進化と変様に柔軟対応

ソリューション開発部
システム技術課
宮野 孝大

お客様との対話はアイデアの源です

バッテリの進化に迫られた対応

充電と放電を繰り返す二次電池のテストですね

<大塚>当社が二次電池の充放電テストを手掛けた当初、対象は携帯電話用の小型バッテリでした。その後、ノートパソコンやビデオカメラなど、それまでより電池容量の大きなアプリケーションも出てきましたが、それぞれのテスト要求にはPFX20XXシリーズでお応えできました。このシリーズはプラグインユニット方式で一筐体にまとまっており、機能や対応パワーの柔軟性が特長ですが、想定した最大パワーは200W程度です。

<宮野>ところが近年になって、それを越えるパワーを持つ電池アプリケーションが急拡大します。例えば電動アシスト自転車、さらにクルマなどのハイパワーの電池アプリケーションです。数百A超の電池テストができないか、というお話しを複数頂くようになってきて我々も対応を迫られました。

ソリューション開発部
ソリューション開発課
主任 シニアエキスパート
大塚 賢一

対応条件の広さがご好評のポイントです

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×