ソリューションノート

自動車電装

0 0

solution_17_松本&&風見

2017.10.23

自動車電装系 テストソリューション

インテリジェント・バイポーラ電源 PBZシリーズ 【 ピーク電流6倍対応モデル 】

自動車電装系の負荷特性

ピーク対応が必要になった理由は

<風見>一言で言えば大きな電流ピーク対応がこれまでにないソリューションとなり得ると確信したからです。発端はクルマの電源環境テストをなさっているお客様からのご相談です。当社はKESシリーズをはじめクルマの電源テストに関して多くのソリューションをご提供している関係からメーカさんとの縁は深いのですが、PBZシリーズも電装品試験用電源などとして多くの実績があります。
あるとき、そんなお客様からシステム増設の相談を頂きました。「テスト用の電源システムを組みたいのだけれども、今よりもコスト効率の良いものはできないだろうか」というものです。
もう少し具体的に伺うと、電源は負荷のパワーに合わせた容量のものを選ぶわけですが、例えば車の電源を投入する際の挙動テストなどでは一時的に大きな電流が流れるんですね。そして、「この時の電流に合わせた電源を選ぶと、ものすごくハイパワーな電源が要る。そうすると、他の比較的定常な状態においてはパワーに余裕がありすぎるオーバスペックとなってコスト的にも非常にもったいない、何とかならないだろうか」というものでした。

<松本>実は、最初にお話を伺った時点では、そうですか、やはり容量に余裕のある電源をお求め頂くのかな…とちょっと甘く考えていました。ですが、客先に何度も足を運ぶうちに別の事情が見えてきたんです。
それは車の電源ラインのトレンドというか電装系の負荷特性が時代と共に大きく変わってきているという事実です。
近年、クルマは電子化が進み電気系への負担が増していることは誰でも承知していますが、もう少し踏み込んで回路的な見地からすると、電源ラインから見た負荷はどんどん容量性になっているんですね。電装品の電源入力には並列図3にコンデンサがつながりますが、この容量がどんどん増えていると共に数も急増しています。モータやアクチュエータなど誘導性の電装品も電子制御になって電源の入力は電子回路に置き換わった。そうすると電源からはものすごく大きなコンデンサが負荷としてぶら下がって見えるわけです。その結果、電源投入時などはコンデンサへ充電するために従来よりも大きな過渡電流が流れることになって、テストではこの状況に見合った電源が必要になるわけです。
こうした傾向はクルマの電子化が進行する限り変わらないでしょう。だとすれば我々もニーズの変化に合わせて電源を変えていかなければならないんじゃないか、と言うわけです。

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×