ソリューションノート

環境・新エネルギー

0 0

solution_19_安達&古谷

2017.12.11

エネルギーマネージメントソリューション

ユニット型双方向電源 VPCシリーズ

V2Hもパワコンにも、
電源にもなれば負荷にもなる。
構成自在な電力コンバータ

製品開発二部
ソフト開発課 主任
古谷 麻紀

お客様の真のニーズをカタチにしたい。

電力利用形態の変貌

電源分野での新商材ですか

<古谷>VPCのシリーズ名称はユニット型双方向電源なのですが、コンセプトは、電力分野で新たな方向性を持ったソリューション・プラットフォームです。これまで私共には無かった概念の提案商品のもので、うまくお伝えできるかちょっと心配です。

まず、背景というか開発の経緯からお話ししてみたいと思います。
私たち生活者の身の回りで電力エネルギーとの関係性、とりわけ電力の使われ方や生みだし方は、この二十年ほどの間に大きく変わりました。
過去には系統電力一辺倒だった電力源が、今では太陽光やコジェネ(Cogeneration:熱電併給)など多数登場して実際に稼働していますし、クルマにしてもEVを家庭用の電源にすることができたりします。
電力の使われ方の面でも、消費者自身が作り出した電力を蓄電したり売電したりできるようになりましたよね。

それぞれにサービスに対する技術対応もできていて、例えば太陽光発電と系統をつなぐにはパワコン(Power Conditioner)や、V2H(Vehicle to Home)でクルマと系統をコンバートするパワコンがあり、家庭の電力を管理するHEMS(Home Energy Management System)なんかもあるわけです。

製品開発一部
開発二課
安達 雅和

菊水からの新しい提案です。

<安達>ところが、それらは各々独立して閉じたシステムになっていて、全体としてエネルギー統合というか制御管理できるようにはなっていない。V2Hもコジェネもやろうと思うとそれぞれ独立した二つのシステムで構成するしかないんです。
それってエネルギーの有効利用という本来の目的から考えても、システムにかかるコストなどから考えてもムダなことですよね。

だったら、生活者の身の回りにある電気エネルギー源の相互のやり取りというか電力変換を統合的に、かつ自在にテストしたり実現できるものがあってもいいんじゃないか。例えば自治体や大学なんかでトータルエネルギー管理の小規模な実証実験をするとか、そういったニーズがこれからどんどん顕在化してくるだろうと、私たちはまずそう考えました。

<古谷>ただ、その場合、考えられる電力源は多種多様なわけですから、システムには柔軟性が求められますよね。 であるなら、それぞれのノードというか電力源や消費対象なども、出入り口をユニット化して自在に組み合わせできるようにすれば良いのでは、というアイデアが本シリーズ開発の出発点なんです。

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×