ソリューションノート

環境・新エネルギー

0 0

アビオニクス評価ソリューション

2017.01.11

自家発電・蓄電システム評価

パワーコンディショナ系統連系試験システム

エネルギー有効利用のキーアイテム、パワコンに課せられた系統連系試験の重荷を取り払う自動試験システム

渡邊 聡 

ソリューション開発部
ソリューション推進課
課長代理
渡邊 聡

デモルームで体験することもできます

根強いパワコン需要

自家発電や蓄電が家庭にも浸透してきました。

<渡邊>太陽光、風力、燃料電池、コジェネ、小水力などに加えて最近ではEVやPHEVなど自家発電、蓄電、そして買電が普及してきました。
とりわけ、発電・蓄電装置、電力消費機器、そして電力会社からの系統という三者の電力の流れを制御するパワコン(PCS:パワーコンディショナ)には根強い需要があります。
パワコンは系統と並列する(系統連系する)ことからやや複雑な面をはらんでいます。電力系統は常に安定で安全であることが絶対条件なわけで、パワコンがつながることによって逆潮流(系統への電力注入)で系統の電圧や周波数の過不足が生じたり、解列(系統からの切り離し)時に単独運転による危険が生じたりすることがあってはならず、これらを事前に回避しなければいけないからです。

小林 佳明

ソリューション開発部
ソリューション開発課
シニアエキスパート
小林 佳明

面倒なことは自動化で乗り切りましょう

<小林>自家発電や分散型発電が系統と連系することによって起こる様々な問題は、当初から研究・検討が進められてきました。当社も電力中央研究所様に系統模擬用の交流電源をお納めする等してお手伝いをさせて頂いた等の経緯があります。結果として、現在では国や業界からガイドラインですとか試験方法などの技術要件が示され、市場にあるパワコンはこれらの要件を満たすように設計そして評価されています。

参考:
・電力品質確保に係る系統連系技術要件ガイドライン 資源エネルギー庁
・系統連系規程 JEAG 9701-2006 日本電気協会
・小出力太陽光発電用パワーコンディショナの試験方法 JIS C 8962
・系統連系形太陽光発電システム用パワーコンディショナの単独運転検出機能の試験方法 JIS C 8963
・小型分散型発電システム用系統連系保護装置等の試験方法通則 
  JETGR0002-1-6.1(2015) 平成27年10月 一般財団法人電気安全環境研究所 (JET)
・太陽光発電システム用系統連系保護装置等の個別試験方法
  JETGR0003-1-5.0(2015) 平成27年10月 一般財団法人電気安全環境研究所 (JET)

本サイトの閲覧には会員登録(無料)が必要です。

会員登録はこちら

×